子連れお出かけ(国内)

子連れ沖縄旅行の最終日は空港から近い瀬長島で過ごそう!

子供が生まれて初めての夏休みに沖縄を選ぶ方も多いのではないでしょうか?我が家も昨年の夏休みに長女2歳8ヶ月、次女1歳半を連れて沖縄に行きました。

メインの目的地は伊江島という離島だったのですが、子連れの旅行だと飛行機に乗るまでのスケジュールに余裕を持っておきたいですよね。

あわせて読みたい
伊江島のGIビーチ
沖縄本島からフェリーで30分。透明度抜群な海を求めて『伊江島』へ【子連れ沖縄】今まで国内外のビーチを30箇所は回っている私ですが、沖縄伊江島にあるビーチの透明度は素晴らしかったです。アクセスと観光スポットなどまとめて紹介します!...

そこで最終日は、那覇空港から車で15分の瀬長島で過ごすことにしたのですが、ここが最終日ショッピングを楽しんだり、ホテルでゆっくり過ごすのにちょうどいい場所でした。

瀬長島とは

瀬長島は那覇空港から車で約15分でいける、那覇空港から一番近い離島です。最終日は余裕を持って過ごしたい、だけどしっかり楽しみたい!という人におすすめ!

瀬長島でショッピングするなら:瀬長島ウミカジテラス

瀬長島にきたらみんな立ち寄る施設が瀬長島ウミカジテラス。2015年にオープンした商業施設で、42のグルメショップやお土産やさんが軒を連ねています。

お土産や買い物は最終日にウミカジテラスで済ませよう


ウミカジテラスには定番のお土産やさんから、おしゃれなクラフトアクセサリーショップまで、いろんな種類のショップが並んでいます。家族や会社へのお土産から、自分で買いたい記念のアクセサリーなど、どんな用途のお土産もここで全て買うことができるくらいラインナップが広い。

特に子連れだと、旅行中に大きな荷物を持って移動するのは大変なので、最終日にウミカジテラスでお買い物を済ませるのが楽チンです。

ウミカジテラスはインスタ映えスポット

ウミカジテラスは2015年にオープンした新しい施設なので、とってもきれいでスタイリッシュです!

施設全体を通してギリシャのサントリーニ島のように白で統一された建物。傾斜がかった道を歩いて行けば眼下には透き通った海!歩いているだけで気持ちがいいですし、どこをとっても絵になる〜。

瀬長島ウミカジテラスの階段

また、グルメショップもたくさんあり、中にはハンモックに揺られながら海を眺められるお店もあります。

インスタ映えするショップでゆっくりお茶するのもよし、庶民的なお店でサクッとご飯を食べるのもよし。我が家は子供も大好きな沖縄そばのお店で一休みしました。

瀬長島で泊まるなら:琉球温泉 瀬長島ホテル

そんな瀬長島ウミカジテラスから徒歩10分ほどのところにあるのが琉球温泉瀬長島ホテルです。ウミカジテラスへはシャトルバスも出ていて、アクセス良好!このホテルがまた、ラグジュアリーな気分になれる良いホテルでした。

天然温泉に入れるホテル

沖縄には珍しく、瀬長島ホテルには天然温泉があります。写真はないのですが、大小様々な温泉があり、温泉に入りながら沖縄の海を眺められるんです。。海で遊んで疲れた体を最終日に温泉で温める。子連れ旅行だと特に楽しいと大事に疲労もたまりますが、最終日にリフレッシュできるよい場所でした。

インフィニティプールで海を見ながらゆっくり

瀬長島の青い海を見ながら、プールでゆっくり遊べます。プールサイドにはデッキチェアもありますので、大人は子供を見守りながらゆっくりすることもできます。

プール自体は大きくないのですが、混むこともなくほぼ貸切で楽しめました。

ベランダからのオーシャンビュー。室内露店風呂も。

瀬長島ホテルからのオーシャンビュー

瀬長島ホテルのベランダお部屋のベランダからのオーシャンビューも素敵です。お部屋には露天風呂も付いているので、小さいお子さんがいて一緒に温泉に入るのは難しい、という方も、お部屋で海を見ながらお風呂を楽しむことができます。ただし室内露天風呂は大人2人、子供2人でぎゅうぎゅうになる小さめな大きさなので、大家族の方は順番に入りましょう。(写真後ろにあるのが露天風呂です)

まとめ

瀬長島は空港からとても近いですが、ショッピングからプール、温泉まで楽しむことができる場所です。子連れで沖縄旅行の最終日はぜひ瀬長島で過ごしてみてはいかがでしょうか。