子連れ海外

セブ島のキッズクラブ・託児があるホテル一覧とベビーシッターの頼み方|子連れ海外旅行

プランテーションベイで遊ぶ子供達

2018年3月に子連れでセブ島に行ってきたときのこと。

家族全員でホテルのプールで遊んだり、ショッピングをしたりシュノーケルをしたり。子供と一緒に過ごすバケーションはもちろん楽しいけど、せっかくだから大人だけの時間も楽しみたい。

そんなわけで、セブ島滞在中にホテル「プランテーションベイ」でベビーシッターサービスを使って、3歳4歳の子供を預けて夫婦でダイビングに行ってきました!

▽この記事でわかること

・セブ島でキッズクラブがあるホテル
・ベビーシッターの頼み方、料金、実際の子供の様子

セブ島で託児やキッズクラブがあるホテル

セブ島では私たちが宿泊したプランテーションベイ以外でも託児やキッズクラブのあるホテルが複数あります。以下は私が泊まるか検討していたキッズクラブのあるホテルです。

シャングリラ・マクタン・リゾート・アンド・スパ・セブ

シャングリラマクタンリゾートのプール
シャングリラ・マクタンのキッズクラブ出展:Expeadia

言わずもがな、おそらくどこの国でも宿泊して間違いないシャングリラ。こちらの施設は子供用のプールが充実しているのはもちろん、室内のプレイスペースが他の施設よりかなり広いです。写真のような大きな滑り台以外に、幼児向けのプレイスペースもあり、日替わりで様々なキッズアクテイビティも開催されています。

シャングリラマクタンリゾート&スパセブの空室状況と料金を
Booking.comで見てみる
Expediaで見てみる

Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク

Jパークアイランドリゾート&ウォーターパークはウォーターパークの名の通り、プールがとても充実しています。キノコのオブジェから水が降ってくる流れるプールや、複数のスライダーなど、大人も子供もプールで1日楽しめそう。キッズ用の屋内施設も比較的大きめで、日替わりでアクティビティもあります。

Jパークアイランドリゾート&ウォーターパークの空室状況と料金を
Booking.comで見てみる
Expediaで見てみる

プランテーションベイリゾート&スパ

プランテーションベイリゾート&スパの全容

私たちが選んだのがプランテーションベイリゾート&スパ。このホテルの特徴はとにかく敷地が広く、ホテルの中だけで全て完結するということ。シャングリラやJパークと比べると、子供用のプール設備や屋内施設の規模は小さめですが、子供用のスライダーや子供用の深度のプールはあり、アイランドホッピング・シュノーケルなどのアクティビティもホテルから直接予約、出発ができます。またホテルに常時ナースがいて、なにかあったときも安心というのも決め手になりました。

独身時代は旅行時のホテルは寝るだけで外にアクティビティに行っていたけど、子供がいるとホテルにお願いすれば全て完結する楽さがとってもありがたかった(笑)。小さなお子さんがいる家庭にはオススメができるホテルです。

プランテーションベイの空室状況と料金を
Booking.comで見てみる
Expediaで見てみる

キッズクラブがあるセブのホテルの比較

シャングリラJパークプランテーションベイ
キッズクラブ
日替わりで様々なプログラムあり。無料
4歳〜付き添いなしok
3歳以下付き添いでok

日替わりで様々なプログラムあり。無料
4歳〜付き添いなしok
3歳以下付き添いでok

日替わりで様々なプログラムあり。無料
4歳〜付き添いなしok
3歳以下付き添いでok
室内プレイルーム
大規模な室内プレイルームがあり

室内プレイルームあり。

室内プレイルームあり(小規模)。屋外にも遊び場あり。
ベビーシッティング
要問合せ


要問合せ

有料にて予約可能
子供用プール
子供専用プールはないが、浅いプールや子供用スライダーはあり

どのホテルもキッズクラブに親の付き添いなして子供を預けることができるのは4歳からとなっています。我が家は3歳の次女もいたため、スキューバダイビングの間、プランテーションベイにてベビーシッターさんを頼みました。他のホテルもWebサイトには明記されていませんがベビーシッターサービスがあるかもしれないので、気になる方はホテルに問い合わせてみてください。

プランテーションベイでのベビーシッターの頼み方

では実際にシッターさんの頼み方をご紹介します。英語が苦手だから、子供を預けるのが不安・・という方にもわかりやすいように簡単な英語も記載していきます!

ベビーシッターの予約方法

プランテーションベイでベビーシッターを頼むには、部屋の電話からバトラーに電話して、ベビーシッターを頼みたい旨を伝えればokです。バトラーさんというのは、自分専属の相談やお世話をしてくれる方、というかんじです。

備え付けの電話のバトラマークのボタンを押すとバトラーにつながりますので、「Can I reserve baby-sitting?」と伝えます。もし英語が苦手であれば「ベビーシッティング プリーズ」で通じます。

子供の年齢、人数、いつ使いたいかを聞かれるので、順番に答えます。ここでも、簡単な英語でバトラーさんに要件が伝わればokです。想定される質問とそれに対する答えは以下を参考にしてください。

想定される質問と答え質問答え
子どもは何人ですか?
– 二人です。
How many child / kids ?
(ハウメニーチャイルド/キッズ?)
2 kids.(ツーキッズ.)
※数は預けたいお子さんの数によって変えてください
何歳ですか?
– 3歳と4歳です。
How old are they?
(ハウオールド アーゼイ?)
3 years old and 4 years old.(スリーイヤーズオールド アンド フォーイヤーズオールド)
いつからいつまで預けたいですか?
– 明日の午前10時から午後13時半まで。
When do you want to use sitting-service? (ウェン ドゥー ユー ウォントゥー ユーズ シッティングサービス)From 10 am. to 13:30 pm. tomorrow.(フロム テンエーエム トゥー ワンサーティ ピーエム トゥモロー)

質問の言い回しはバトラーさんによって様々だと思いますが、いつ、何人、何歳の子を預けたいかが伝わればよいので、何を聞かれたかわからない場合は上記を参考に自分からしゃべっちゃえばokです。

要件が伝わると料金を伝えられて「シッターさんを探しますのでまた折り返します」と言って電話が切られます。

20分後くらい待っていると部屋の電話がなって、「ベビーシッターさんが見つかったので、予約時間の5分前に部屋まで子供達を引き取りに行きますね」とのこと。これで予約は完了です。

予約は24時間前までにとWebサイトに書かれていますが、私たちは翌日朝10時からの予約を前日の午後15時頃に頼んで予約する事ができました。ただし確実に頼むためには早めに予約しておいたほうがいいと思います。

ベビーシッターの料金

私が泊まった2018年3月時点では、3歳と4歳の子供2人を預けて200ペソ/1時間でした。1ペソざっくり2円として、2人のシッティングで400円/1時間。私たちはスキューバダイビングの間3時間預けたのですが、2人で1200円と日本と比べてめちゃくちゃ安かったです。

子供の人数や月齢によって料金が前後すると思うので、詳しくはバトラーさんに聞いてみてください。日本と比べてとても安価な値段でお願いできるのは間違いないと思います。

ベビーシッティング当日

当日は予約の電話で案内があったとおり、ベビーシッティング開始時刻の5分前にシッターさんが部屋まで来てくれます。

子供の名前、アレルギーの有無、シッターさんに伝えておきたいことを書く紙を渡されるので、必要事項に記入して、最後にサインをします。

私はそれにプラスして、前日に以下のようなメモを書いておいて荷物と一緒に渡しました。(当日渡された紙に書けば不要でしたが;)

Dear baby-sitter

My children are
◯◯(子供の名前) - ◯数字years old
◯◯(子供の名前) - ◯数字years old.
They speak only Japanese.
They like playing outside and drawing and so on.
Please take them to the bathroom when they say “toilet”.
If they look hungry, please give them some snacks inside the bag.
I’d appreciate if you take some pictures of my children playing with you.
Thank you.

Regards,
自分の名前

シッターさんへ
子供の名前は〇〇と〇〇で、〇歳と〇歳です。外で遊んだりお絵描きするのが好きです。

子供たちは日本語しか話せません。
トイレと言ったらトイレに連れて行ってあげてください。
お腹が空いてそうであればバッグの中のおやつを食べさせてください。
遊んでいる様子をカメラで数枚撮ってもらえると嬉しいです。
よろしくお願いします。

カバンの中には、上のレターと日本から持ってきたおやつとパン、お水の入ったペットボトル、絆創膏、カメラを一緒に入れて渡しました。

シッターさんはベビーシッティングが終わる頃の時間に部屋に戻って来てくれるので、部屋のキーも一緒に渡します。トラブル防止のため貴重品はしっかりと貴重品BOXに入れておきましょう。

準備ができたらいざ出発!子供達には前日から「明日はシッターのお姉さんと遊ぶんだよー」と言い聞かせていたためか、「ばいばーい!」と嬉しそうにお姉さんについていきあっさりとお出かけしてちょっと拍子抜け。

プランテーションベイのキッズルーム、プレイルームとサバンナパーク

プランテーションベイにはサバンナパークというエリアがあり、ここに屋外遊具やチルドレンセンターという屋内施設があります

ベビーシッターさんに子供を預ける場合は海やプールでは遊ばせることができない決まりになっているので(その方が親も安心ですよね)、このサバンナパーク、チルドレンセンターで遊ぶことになります。

シッターさんに撮影してもらった3歳と4歳が遊ぶ様子は以下。

プランテーションベイで遊ぶ子供達 プランテーションベイの砂場 プランテーションベイの子供用のゴーカート

規模が大きいわけではないのですが、アスレチック、砂場、ゴーカード、ブランコなどたくさんの遊具があり、子供達は楽しんでいたようでした。ただ屋外はやはり暑いので、天候にもよりますがもう少し小さな子供の場合はチルドレンセンターという屋内で遊ばせてもらった方が良いかもしれません。

サバンナパークの屋外で遊んだ後、オリジナルのTシャツを作り(サバンナパークにあとで取りにいくと無料でもらえます!)、お昼前にフロントへ移動し、鳥を見たりして休憩してフロントの方からクッキーをもらってきたようです。

プランテーションベイのフロントにいる鳥を見る子供達 プランテーションベイで子供がTシャツを作る様子 プランテーションベイで子供がクッキーをもらった様子

ベビーシッティングの時間が終わりに近づくと、シッターさんが部屋まで子供たちを連れて戻ってきてくれます。お支払いはここでも部屋づけなので、シッティング終了のサインをしてお礼を言ってシッターさんとお別れしました。

午前10時から午後1時半までの約3時間半の間シッターさんに子供たちを預けましたが、子供たちも「楽しかったー!」とのこと。滞在3日目に預けたので、プールではなく遊具で遊べたのもタイミング的にちょうど良かったみたいです。

プランテーションベイでベビーシッターさんを頼んでみた感想

英語が話せない子供たちをシッターさんに預けるってどうなんだろう?という気持ちもありましたが、実際に預けてみて子供たちは楽しかったみたいですし、親が思っているほど言語の壁や、言葉が通じないことに対して抵抗や心配がないようでした。せっかく海外旅行に行くのだから、現地の方との触れ合いも楽しんでほしいという(親のエゴだと思いますが)気持ちがあったので、シッターさんとの時間を過ごせたこともいい経験になったのかなと思います。

もちろん親である私たちはシッターさんをお願いしている間、思うままにダイビングを楽しめました。ダイビングではなくても、夫婦ふたりでゆっくりスパに行ったり、ビーチでゆっくりしたり。そのような時間を持つのもいいと思います。海外に旅行に行かれる際は、キッズクラブやベビーシッターさんを活用して少し贅沢な大人だけの時間を過ごすのも検討してみてもいいかもしれません。

ベビーシッターサービスを頼んだ「プランテーションベイ」の空室状況と料金を
Booking.comで見てみる
Expediaで見てみる